HOME > よくある質問

よくある質問

予約をしないでも見てもらえますか?

基本的には予約制ですが、急なお痛みなどの緊急時には対応致します。
予約のお客様が優先になってしまいますが、できるだけお待たせしないように努めます。また、ご来院前にお電話を頂けると待ち時間の少ない時間帯をお知らせすることができます。

虫歯を放置していたら痛みと違和感が出てきたのですが?

歯の状態を放置したことによって、歯髄が感染を起こして炎症が歯根に波及し、歯の神経が感染を起こして炎症が歯の根に波及した状態です。歯の神経を取る処置によって、歯の根の先にある炎症に薬剤を到達させる処置で対応出来る場合と歯を残す事が出来ずに抜歯に至る場合があります。歯を残せる可能性があるうちに受診されることが必要です。

毎日、歯磨きしているのに虫歯になります。なぜなんでしょうか??

毎日歯を磨いているといっても、ただ“歯を磨いている”ことと“歯が磨けている”こととは違います。
歯は見えている部分だけ磨いてもあまり意味がありません。 虫歯になりやすい箇所は歯と歯の間や、歯とほっぺたの間・後は歯の溝の部分です。定期的に歯科医院でチェックしてもらってください。ブラッシング(歯磨き)指導もしてもらうといいですよ。

入れ歯のバネが見えて、いかにも入れ歯をしているという感じがいやなんですが、なにか解決方法はありますか?

状況にもよりますが、バネのかかっている歯が生きている歯でしたら、『インプラント』をおすすめします。
治療した歯の場合は入れ歯の中にマグネット(磁石)を入れ、バネのかかっている歯には金属を入れてバネの代わりにする方法があります。この方法ならバネは見えませんが、保険治療の対象外になります。

インプラント治療をして身体に影響はないのですか?

インプラントに使われる金属(チタン)は世界中でも最もアレルギーの起こりにくい金属と言われています。
骨と結合する性質があり、重度の骨折を支えるためにも使われる金属ですので体に全く影響はありません。

インプラント治療を行うのに痛みはありますか?

インプラント手術は、麻酔をかけたうえで行い、生体モニターなどを用いて、痛みのコントロールを行ったりもしますので、抜歯と同じ程度でほとんど痛みはありません。

インプラント治療の途中でも仮歯は装着できますか?

仮歯は手術当日から装着できます、しかし埋入した部位に過度の刺激を与えるのを避けるために、抜糸してから二週間程度経過したあとで装着することをおすすめします。

インプラント治療期間中に食事は問題なくできますか?

手術した後、通常は4~5日程度は、なるべく固いものは避けることをお勧めしています。
抜糸をしてから歯肉の状態が安定してきたら問題なくお食事いただけます。

インプラントはどの程度、持ちますか?

インプラント自体はチタンという金属製なので半永久的に機能します。しかし、メンテナンスがしっかりできていないとインプラント周囲の骨が痩せてきて動いてしまいます。長く機能させるためにも、メンテナンスが重要です。

インプラント治療はどの歯科医院でも受けられるのですか?

現在の日本での、インプラント治療導入医院は5%前後の割合です。
しかし、インプラント専門の歯科医院は少なく、年間症例数をみても経験の多い先生は限られます。
そこでクチコミ情報やインプラント症例数などを参考にしていただくと良いかと思います。

インプラントを入れるのに、どのくらいの費用がかかりますか?

インプラント治療は自費診療で、保険の適用がありません。ですので、各医院で異なります。
治療費の決定は、本数、種類、装着する人工歯の種類、等によって判断されます。

インプラント治療に年齢制限はありますか?

年齢の上限はありません。また、骨の成長がほぼ完了すると言われている16歳以上であれば、条件さえ整えば、どなたでもインプラント治療を受けられます。

インプラント治療は歯周病でも大丈夫ですか?

インプラントのリスクは歯周病とも言われるように、基本的には不適応です。しかし、ブラッシング指導を受け、歯石を取って歯周病治療をしっかり行い、歯周病のコントロールをすることで、治療が可能になります。もちろん、完治された後の治療が望ましいです。

インプラントのメンテナンスはどうするのでしょうか?

基本的には、天然歯と同じです。家庭内では毎日の歯みがきが大事です。歯と歯の間を掃除するデンタルフロスや歯間ブラシを用いるとより効果的です。また、歯科医師による定期健診も重要です。インプラントには神経が通っていませんので異常を発見することが天然の歯よりも遅れがちです。初年度は年に3~4回、2年目以降は年に1回を目安に定期検診を受けることをおすすめします。

歯が一本もなくてもインプラント治療はできますか?

歯がすべて抜けてしまって、一本もなくてもインプラント治療は可能です。肝心なことは、顎の骨がインプラント治療をできる状態(顎の骨の量がある)かどうかなのです。

タバコを吸うことは、インプラントに影響しますか?

喫煙者のインプラントの成功率は、非喫煙者に比べる明らかに下がると言われています。また、歯周病になりやすくなるとも言われています。長い期間維持するのも大事なことですので、治療期間中、治療後も禁煙していただくことをお勧めします。

インプラントの手術の時には入院が必要ですか?

埋入する本数にもよりますが、特別な場合を除けば入院の必要はありません。通常インプラント手術は日帰り手術で行うのが普通です。

糖尿病でもインプラント治療はできますか?

医師の管理のもと、十分にコントロールされている軽度の糖尿病患者様であれば治療を受ける事が出来ますが、状態によって出来ないことも考えられますので、ご相談ください。

高血圧でもインプラント治療はできますか?

高血圧でもインプラントは可能です。しかし、インプラントには手術が伴うので、注意が必要です。
通常、高血圧の患者様のインプラント治療の際は、手術中に血圧などを測りながら行い、緊急の事態でもすぐに対処できる体制を整えておく必要があります。

妊娠中にインプラント治療の手術はできますか?

一般的には妊娠期間中は制限されますが、安定期であれば出来る治療もあります。しかし、診査の段階での放射線や精神的ストレスを考えると出産後の手術が望ましいです。
  • 電話予約・相談 093-653-2455
    診療時間 日・祝
    9:30~13:00 ×
    14:30~19:00 × ×
  • 患者様からよくある質問を患者様の目線になって回答しております。

    お問い合わせフォーム
  • 〒805-0048
    北九州市八幡東区大蔵3-2-5

    詳しいアクセス情報はこちら

大きな地図で見る
やまもと歯科医院 YAMAMOTO DENTAL CLINIC
医院外観のイメージ
住所
〒805-0048
福岡県北九州市八幡東区大蔵3-2-5
診療時間日・祝
9:30~13:00×
14:30~19:00××

※土曜は 9:30~12:30までとなります。

休診日
土曜午後、日曜日、祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ