HOME > 歯周病

歯周病

歯周病の治療

歯周病の治療のイメージ

歯周病は生活習慣病とも言われており、日々の予防が大切になってきます。
進行の状況により、症状や治療方法も変わってきます。
また、症状が進行すると、歯が抜け落ちたり、抜歯が必要になるケースもありますので、
「歯がグラグラする」「歯茎から血が出る」方は早期の検査・治療をお勧めします。

健康な歯肉

当院にて歯肉の状態のチェックをさせて頂きます。
健康な状態であれば、現状を維持できるよう定期的なメンテナンスをお勧めします。

歯肉炎

歯肉炎になってしまうと、歯の隙間や歯と歯ぐきの隙間より炎症をおこします。
この状態が進行しますと歯周病になってしまいます。(歯周病予備軍と呼ばれております。)
当院では、適切なブラッシング指導と歯石除去、歯のクリーニング等を行い、予防に努めております。

軽度歯周病

歯肉炎等により歯の隙間や歯ぐきに汚れが溜まると、その汚れが歯石となり歯周病菌へと進行してしまいます。
歯石は日頃の歯磨きでは、なかなかとることが難しく、歯科医院にて歯石の除去やクリーニングが必要になります。
汚れを溜めないための適切なブラッシング。定期的な歯のクリーニングなど
定期的な歯のメンテナンスをお勧めします。

中等度歯周病

中等度歯周病とは重度の歯周病により歯を失ってしまうかの瀬戸際の状態と言えます。
歯周病がこれ以上進行してしまうと、治療にあたり時間がかかってしまったり治すのも難しくなってしまいます。
早めの予防や定期的な健診をお勧めします。

重度歯周病

重度の歯周病になってしまうと歯を失ってしまう可能性があります。
歯の自体がかなり減っていますので、将来的に義歯(入れ歯)やインプラントといった処置も難しくなります。
これ以上進行しないように、なるべく早めに歯医者さんでの適切な治療を受けてください。
歯周病の事でお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

知覚過敏

知覚過敏のイメージ

飲食中などに歯がキーンとしみた経験はないでしょうか?
この症状が知覚過敏の症状です。日常でのブラッシングや専用の歯磨き粉を使用するなど、
毎日の予防が重要です。また、重度の場合口腔外科手術(フラップオペレーション)を行うこともございます。
日常で気になる方、歯がしみる方は早めの健診をおすすめします。
お気軽にお問い合わせください。

歯周内科 歯周外科

歯周外科 歯周内科

歯周内科

歯周内科のイメージ

歯周病は、口内の汚れや細菌(歯周病菌等)が原因で歯茎が腫れるという症状です。
歯周内科治療では、まず原因となっている細菌を特定し薬等を使用し菌を退治するものです。
近年では菌を見つけやすくするために顕微鏡を併用し治療を進めていきます。

歯周内科とは

歯周内科とは、簡単に言うと、歯周病の除菌治療です。
除菌方法は、モニターを用いた顕微鏡検査により、口腔内の最近の種類・数などを検査し、その際菌に合う薬や歯磨き粉を用いてお口の中をきれいに除菌するというものです。
歯周病が進行していない場合でも、歯周病が進行することを抑える働きがあるので、予防方法としても最適です。

歯周内科治療の治療方法

歯周内科治療は下記の4つのステップがあります。

  1. 歯周病に関係する病原菌を確認する。(位相差顕微鏡により)
  2. 歯周病に影響を与える細菌を除去するための薬を内服する。
  3. カビをとるための歯磨き剤を使用し歯磨きを行う、または、カビをとるための薬剤を内服する。
  4. 細菌の除去を行った後歯石取りを行う。

このうち、「1.歯周病に関係する病原菌を確認する。(位相差顕微鏡により)」が非常に大きなポイントになります。
まずは、位相差顕微鏡を使用し口腔内の細菌を確認をしないと、細菌の種類(歯周病・カビ菌の種類・数など)を特定できず、内服する薬やその後の治療を選択出来ないからです。

再発を予防するには


歯周病は歯周病菌(細菌)による感染症です。
回し飲みや箸の使いまわしでも感染する可能性があります。
完治した後の再発を予防するためには、歯石取りやカビ菌の除去といった、予防を定期的に実施し口腔内を清潔に保つように心がけることが大切です。
また、定期的に歯科医院での顕微鏡を用いた検査を受けるようにすると尚よいでしょう。

歯周内科の効果
  • 口臭がなくなる
  • 歯のぐらつきが無くなる
  • 歯磨き時の出血が無くなる
  • 歯茎が健康的な桃色になる
  • 歯ぐきが引き締まる
  • 口の中のネバネバ感が消える
  • 歯がツルツルになる

歯周外科

歯周外科のイメージ



歯周外科とは、歯の周辺に対して行う外科的処置の事です。
かなり進行してしまった歯周炎においては、患者様によっての日常の歯磨きでのプラーク(細菌群)の除去がとても困難になります。
そこで、歯周外科治療によって、患者様ご自身ではなかなか出来ない、深い歯周ポケットをなくして、患者様ご自身でのプラークコントロールを可能にします。

フラップ手術の方法
  1. 麻酔をし、歯肉をメスで切ってはがし、歯の根っこや、歯を支えている骨をむき出しにする。
  2. スケーラーを使い、奥深くの歯石や感染歯質を除去したり、溶けてでこぼこになった骨を平らにした後、歯肉を元通り縫う。

手術時間は通常1時間くらいです。手術中は麻酔をするため痛みはありませんが、術後は傷口が痛むことがあります。
また多くの場合、感染を予防するための抗生物質、痛み止めの薬を数日分処方されます。

メンテナンスの重要性

歯周病は再発しやすい疾患です。できるだけ担当医に歯ぐきの状態を定期的に診てもらうようにしましょう。
日常生活においては歯ブラシ等により自己管理することがきわめて重要となります。
メンテナンスとは歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。
治療が終了した後は、3~4ヵ月ごとの定期健診の受診をお勧めします。
歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を生涯除去し続けること歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。
細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌は歯科衛生士による専門的なクリーニングでないと除去できません。
歯周病は再発の多い病気と言われています。
治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。
治しても溶けてしまった骨が元通りに戻るのではなく、ほとんどが歯と歯肉が弱い結合で治っているのにすぎません。
ブラッシングが不十分であったり、メンテナンスを怠ると細菌が活動しはじめ歯周ポケットが深くなり容易に再発します。

  • 電話予約・相談 093-653-2455
    診療時間 日・祝
    9:30~13:00 ×
    14:30~19:00 × ×
  • 患者様からよくある質問を患者様の目線になって回答しております。

    お問い合わせフォーム
  • 〒805-0048
    北九州市八幡東区大蔵3-2-5

    詳しいアクセス情報はこちら

大きな地図で見る
やまもと歯科医院 YAMAMOTO DENTAL CLINIC
医院外観のイメージ
住所
〒805-0048
福岡県北九州市八幡東区大蔵3-2-5
診療時間日・祝
9:30~13:00×
14:30~19:00××

※土曜は 9:30~12:30までとなります。

休診日
土曜午後、日曜日、祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ