HOME > インプラント

インプラント

インプラントとは

インプラントとはのイメージ

歯を失ってしまった、抜けてしまった部分などの状態の際に、人工の歯を埋め込む治療を指します。
最近「インプラント」という言葉は一般的になってきているので、ご存知の方も多いと思います。歯を埋めるということは痛い、怖い・・・などの不安もあることと思います。
しかし「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉で、医学の世界では整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてきました。歯においても40年以上の臨床実績があり、安心していただけると思います。

インプラントが選ばれる理由

インプラントが選ばれる理由のイメージ

人歯科医療はこの20年の間に大きく前進しました。特に、最先端技術を学びたい一心で何度となく足を運んだアメリカで、私はひしひしとそれを感じました。インプラントは、もう欧米では珍しくない普通の治療として受け入れられています。
インプラント技術の素晴らしさは、歯を失った部分にチタン製の人工歯根を埋めてそこに義歯を固定することによって、これまでのブリッジのように周りの健康な歯を削ることなく治療できるという点にあります。天然歯を大切にするための、人工歯根であり人工の歯なのです。見た目も使い心地も優れ、患者さんから「あきらめていた触感がもどってきて、食べる楽しみが取り戻せた」という声をたくさんいただいています。


こんな方におすすめ

ブリッジで両隣の健康な歯を削ることが嫌な方

ブリッジ治療とは、ブリッジの土台にするために虫歯がなくても隣在歯を削る必要があります。場合によっては、削るだけでなく神経を抜かなくてはならなくなるケースがございます。神経を抜いた歯は健康な歯よりもろいので、ブリッジを長く使っているうちに歯根が割れてしまうことがあります。インプラント治療なら、隣の歯を傷つけることなく欠損した歯だけを治療することが可能です。

一番奥の歯を失い、ブリッジができない方

ブリッジは、両隣に支えとなる歯がないと治療ができません。一番奥の歯を失った場合は部分入れ歯かインプラントのどちらかになります。たった一本の欠損に「入れ歯」を使うということが嫌な方にはインプラントがお勧めです。

入れ歯を取り外して清掃することがめんどくさいと思われる方

入れ歯は食事のたびにお口から取って清掃しなくてはなりません。清掃が不十分だと歯周病の原因となります。

入れ歯のバネが嫌な方

会話や食事など、お口をあけた時に入れ歯のバネが見えてしまう場合があります。

入れ歯が合わず何度も作り直している方

入れ歯は歯肉を圧迫するので、歯肉がやせていきます。歯肉がやせると入れ歯との間に隙間ができ、密着しにくくなりお食事中などに外れる場合があります。

嘔吐反射の強い方

入れ歯はお口の大部分を覆うので、嘔吐反射が強い方は長時間の装着が困難な場合があります。

固いものが噛めず食事を楽しめない方

入れ歯は天然歯の1/3程度しか噛む力がありません。総入れ歯の場合は硬いものを噛むときに痛みを覚えます。また、歯肉全体を入れ歯の装置が覆ってしまいますので、食べ物の触感や温度が分かりにくくなり食事の楽しみがなくなっていきます。

入れ歯でしゃべりにくい方

入れ歯を使い始めてすぐは、発音のしづらさを感じます。人前で話す機会の多い方や英語を話す方は入れ歯により発音が悪くなります。また、トランペットなどの楽器を演奏される方で前歯を失った場合には、インプラント治療が非常にお勧めです。

ケース別治療法

一本の歯を失った場合

最も一般的なインプラント方法で、失った部分に1本だけ埋入します。ブリッジのように両サイドの歯を削らずに済む点がメリット
といえます。また、噛む際に歯ぐきにいい刺激が加わるので、顎の健康を保てます。

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、部分入れ歯を用いるのが通常でした。しかし取り外し式の部分入れ歯は、残りの歯と、歯のない歯ぐきで支えらければならず、負担がありました。 インプラント治療の場合、インプラントを支えとした固定式ブリッジなので、安定します。

全ての歯を失った場合

入れ歯は通常、歯のない歯ぐきで支えざるを得ませんでした。しかしインプラント治療の場合は、インプラントのヘッド部をバー
タイプの連結させたうえで、入れ歯を固定する事ができる為、食事や会話時に入れ歯がずれてしまうようなことがありません。最
近はインプラントとマグネット(磁石)を組み合わせた方法が注目されています。

料金のイメージ 患者様の声のイメージ

骨が少ない方

歯周病や入れ歯の長期着用により、顎の骨が痩せている患者様がいらっしゃいます。その患者様の場合、骨が少ない状態でインプラントの治療は行うことが難しいのです。他の病院でインプラント治療は無理だと言われた方でも一度当院へご相談ください。上記のような状態でも適切な治療を行えば治療することは可能です。症状によって手法が異なりますが、ここでは代表的な以下の3つの方法を紹介させていただきます。
この治療は、高度な歯科医療技術が要求されるため、行っている歯科医院は多くありません。

ソケットリフト

ソケットリフトのイメージ

上顎臼歯部の上部には上顎洞があるが、人により洞底線が下方まで伸びているため、インプラント体埋入に必要な量の骨が確保できない方がいらっしゃいます。ソケットリフトはその問題を解決するための骨増成法の一つである。

ソケットリフトの料金表

サイナスリフト

サイナスリフトのイメージ

顎の骨が著しく足りない場合に行う方法です。
上顎洞粘膜を上顎洞から剥離して挙上、その挙上によってできたスペースに人工骨や他部位から採取した自家骨を移植する事により上顎洞底線の位置をあげ、インプラント埋入手術に必要な骨の厚みを獲得する方法である。

サイナスリフトの料金表

GBR

GBRのイメージ

顎の厚みや幅が足りない場合に行う方法です。
骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。

GBRの料金表
  • 電話予約・相談 093-653-2455
    診療時間 日・祝
    9:30~13:00 ×
    14:30~19:00 × ×
  • 患者様からよくある質問を患者様の目線になって回答しております。

    お問い合わせフォーム
  • 〒805-0048
    北九州市八幡東区大蔵3-2-5

    詳しいアクセス情報はこちら

大きな地図で見る
やまもと歯科医院 YAMAMOTO DENTAL CLINIC
医院外観のイメージ
住所
〒805-0048
福岡県北九州市八幡東区大蔵3-2-5
診療時間日・祝
9:30~13:00×
14:30~19:00××

※土曜は 9:30~12:30までとなります。

休診日
土曜午後、日曜日、祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ